去年の今日

去年の今日、8月10日に信じられない知らせが届いた。二男の同級生だったエリナちゃんが交通事故で亡くなったとのことだった。

小学校の入学式で二男と並んで入場したエリナちゃんは、愛らしく快活なお嬢さんだった。仲のいいご家族だということは、彼女を見ればよくわかった。愛情を注がれて育ってきた優しさに、天性の朗らかさがくわわって、誰からも好かれる娘だった。私自身、4人子どもを育ててきて、PTAや子ども会でもたくさんの子どもと関わったけど、こんなにステキな娘に会ったことはない。亡くなったから言うんじゃなくてね、本心から。
「教育実習先、決まったらしいよ」と息子から聞いたのは、それほど前ではない。彼女が先生になるって、とてもとても素晴らしいと思った。「いいねー、エリナちゃんが先生になるっていいねー。なんか嬉しいねー」と、関係ない私まではしゃいだ。彼女の前には輝く未来が開けていて、それは続くものだと、誰もが思っていた。

お通夜と告別式が営まれたお寺には、本当にびっくりするくらい人が溢れて、葬儀屋の手順の悪さを責められないほどだった。20歳そこそこの女の子を見送るのに、1000人の人が集まるなんて誰が想像できるだろう。とんでもない魅力の持ち主だという証明でもあり、人数の多さがいっそう寂しさを募らせた。

お焼香までの長い列を、みな黙って並んでいた。偶然隣に並んでいた中学時代の担任の先生がポツリと「クラス会で、この前会ったばかりだったんですよ」と言った。「エリナちゃんがいつも中心になってましたね」と、私も小さな声で答えた。

はねた車は憎いけど、みんなそんなことは言わず、ただただ彼女の死を哀しんでいるように見えた。たまに嗚咽が聞こえても、また静かになった。みな、どうしていいのか分からなかったんだと思う。

中学も同じクラスだったこともあり、息子のことをいつも心配してくれていた。彼の心が弱りきってしまった日に、何人かで「泊まっていきます!」と言って、ずっとそばにいてくれた。親は何もできず有難かった。
告別式の後、息子は火葬場まで見送りに行ってしまったそうで、親族でもないのに常識知らずと怒られそうだけど、私は許した。エリナちゃんも「仕方ないなー」と言ってくれるだろうと都合のよい解釈をして。

昨日の夜、息子が「明日は命日だよ」と言った。
まだ1年なのか、もう1年なのか。
年をとらなくなってしまった彼女は、どう思っているのだろう。

※2011年8月10日Facebookノートに掲載したものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳