一足先に空へ

会社に休みをもらって、大好きな友だちのお通夜と告別式のお手伝いをしてきた。
早生まれの彼女はまだ50歳。面立ちは若くて綺麗で、まるで眠っているようだった。

闘病生活を送っていたなんて知らなくて、訃報と同時に聞いて驚いたけど、
治るつもりで頑張っていたからこそ数人にしか言わなかったという気持ちは理解できる。
それだけ疎遠になってしまっていたということも。

最後に顔を見たのは4年前。そのときはほとんど話ができなかったけど、
またいつでも話せると思ってた。甘かった。
望みさえすれば、いつでも会えるんだと、何の疑いもなく信じていた。

一緒に受付をした二人は、もっと深くて濃いつながりで、
時間があればお見舞いにいって励まし続けていたと聞いた。
彼女がお医者さまがビックリするほど頑張ってこられたのは、
その励ましのおかげもあったに違いない。

私は何もできなかったけど、二人のおかげでずいぶん救われた。
友だちに恵まれた人生を送ったのだ、あなたは。

その結びつきの最初の時間を一緒に過ごせていたことを誇らしく思う。

お父さん、お母さんはお元気で、私のこともよく覚えていてくださった。
毎日のようにおうちにお邪魔したり何日間も泊めていただいたりと
とてもとてもお世話になったのに、私は友だちに対してだけじゃなく、
ご両親にも不義理をしていたなと、今更ながら申し訳なく思う。
「ちょっちょちゃん」と呼びかけてくれる声は、昔とちっとも変わらなかった。

愛する娘を見送ることになり、おつらいだろうけど、
闘病での頑張りを見てきたせいか、本当にしっかりしていらした。

今の私は、あなたが一緒に作ってくれたんだよ。

直接言えなかったけど、

ありがとう。
大好き。

※2012年9月13日Facebookノートに掲載したものです

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
Ally(アライ)であることを表明しています。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳