初めての発表会 〜2014年belle

コーラスのコンサートを終えて、届いていたプレゼントを見ていたら、娘たちの名前で花が。末っ子に聞いたら「お母さんは花が好きだから喜ぶと思って」と。

そして、「お母さんが発表会に出るってことは、私が大人になったってことだなーと思った。やっと自分の好きなことが出来て良かったね」と。

私が幼いころ、愛情はたっぷり受けていたが、暮らし向きが豊かではなかったので、お稽古ごとというものには縁がなかった。塾にも行ったことがないので、学校関係以外で何かを継続して教わるのはこのコーラスが初めてである。

短期のセミナー受講や、日頃から通う芝居、友達との飲み会など、もちろん今までだって自分のためにもお金を使ってきた。けっこうたんまり使うこともある。
だけど、続けて行うものは何となく避けていたかもと、娘の言葉で気が付いた。

マイペースと言われる私だけど、やはり子どものことを優先して生きてきてはいたのだろう。母がそうであったように。

第一部で歌った「おひさま」の“あなたはわたしのきせき、あなたはわたしのきぼう”は、子どもや孫たちへの気持ちを込めて、
アンコールの「川の流れのように」は、ひばりと同じ年でひばりより早く亡くなった母への思いを込めて、
他の曲も心を込めて歌えて本当に良い時間だった。

第一部“日本のDIVA”は黒のドレス

第三部“世界のコーラスのDIVA”は青のスパンコール

楽譜も読めないド素人の私を受け入れて、楽しく一緒に歌わせてくれたbelleの皆さんに感謝。
忙しいなか、会場に聞きにきてくれたお友だちに感謝。
Facebookで応援してくれた皆さんに感謝。

初めての発表会は、とても楽しかった!

アンコール2曲目、最後の曲は「お祭りマンボ」で、なんと川越の本職のお囃子・おかめ・ひょっとこに来てもらうという演出で。
第二の住処として決めた大好きな川越と、こんなところでつながるのも奇遇で、ただただ嬉しい限りである。

アンコール「お祭りマンボ」は法被を着て

「バアバはお祭りの時、ノリノリだったねぇ~(^^)b」と孫に言われるほどのノリで歌い切って。

孫たちよ、元気なバアバは、コーラスを続けていきたいと思ってるよ。

それでは、最後にあらためて、

応援どうもありがとうございました!!

ちょっちょ
※会場の練馬文化センター小ホールは、娘たちのバレエの発表会をよく行った場所。子どもたちが小さかった頃を思い出して、楽屋に入るだけで胸がつまる思いでした。年を取ると涙腺がゆるくなって困る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳