秘密にしておきたい隠れ家「TSUTAYA BOOK APARTMENT」

新宿に癒しの空間

「TSUTAYA  BOOK APRATMENT」は、新宿東口の紀伊國屋書店の近くにある。時間単位で利用できるスペースで、そこにある本を自由に読めて、置いてある飲み物が自由に飲めるところだ。漫画喫茶との一番の違いは、とことん癒しを追求している点だろう。少し高めの価格以上の価値が提供されている。

これまではレンタルショップだった場所を改修し、昨年オープンしたらしいが、まるで知らなかった。あるいは情報として目に入っていたが気づかなかったのかもしれない。

会話をすることは何ら問題ないということで、友人と待ち合わせてセッションを行ったが、くつろげる雰囲気は心もオープンにしやすいなと感じた。

屋根裏タイプのスペース。飲食物の持ち込みOKで、置いてある木製のおぼんを使うとオシャレ

Points of Youの65枚のカードを広げても、こんなに広々している

6階は女性専用エリア

ビルの4階が受付。私は1時間540円プラス女性専用エリア料100円を払い、カードキーを受け取った。この他にもシャワールーム利用やコワーキングスペースなどのオプションがあって、夜行バスで新宿に着いた人などは、ゆったりとした空間で身支度を整えられるようになっている。

大きめのロッカーに荷物を入れて、靴をスリッパに履き替える。

ドアの向こう側は、静かな音楽とアロマの香りに満ちていて、新宿の喧騒が嘘のよう。まだ知られていないせいか、館内に人は少なく何とも贅沢だ。(注:混雑状況は曜日と時間帯による違いあり)

この横に置かれているのは、洗練されたデザインのマッサージチェア

これこそ隠れ家 個室スペース

キャンペーン中で無料だったので、個室も利用してみた。ロッカーと同じ番号のスペースを使っていいということでキョロキョロ。

あ、あった。

真っ直ぐのハシゴでのぼる

ロールスクリーンで目隠し

中は1.5畳くらい

中から外を眺める。高さもワクワクする

次回はどこに座ろうか

5階の男女共用エリアものぞいてみる。こちらは広々としてゆったりした感じ。テントの中やビーズクッションも気持ちよさそうで、次回はここでも過ごしてみようと思う。

自宅とはまた違ったリラックスできる空間。ハマりそうである。

ちょっちょ
内緒にしておこうかと本気で悩んだお気に入り空間です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳