帰ってきた ひまな日曜日 at しんとこ

日曜の午後にぴったりのホール

西武新宿線新所沢駅から歩いて2分。普通の町の普通の道路沿いの建物の地下に降りると、そこに松明堂音楽ホールがあった。

木製のベンチに座り心地の良い白いクッション。座席数80のこのホールは、ちょっと教会みたいな雰囲気である。

アンプを通すのは語りだけで、ギターも歌もすべて生の音で聴くことができるのは、この広さだからこその贅沢だなぁと思う。

ギターと歌が心地よく響く

『帰ってきた ひまな日曜日』第3回は、“タンゴ・ノスタルジア”。

亭主のリュート奏者つのだたかしさんが今回迎えたゲストは、アルゼンチンのギタリスト、レオナルド・ブラーボさん。「どんな演奏でも『ブラボー!』って言ってもらえていいな」と紹介するつのだたかしさん。名前だけでなく、どの演奏も素晴らしかったのは当然である。

つのださんは一切リュートは弾かず、ギターと歌のみのコンサート。

ほとばしらない情熱もある

お二人とも、タンゴに対してとても強い情熱をもっていることは確かなのに、決して押し付けることなく、ただただ美しい音色でその世界を表現してゆく。

音楽はさまざまな形があって良いのだなと思う。聴衆である自分自身も、激しく揺り動かされるものを好む時もあれば、自然と融合するような気持ちになるものを欲する時もある。

今日は、音符の一つひとつが光になって、きらきらと客席に舞い降りているような、そんな音楽だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳