【て】てるてる坊主と手ぬぐいと寺尾聰

なんでもウエルカム

スカッとした青空は気持ちが良いし、冬の露天風呂なら粉雪を待つこともある。荷物が多い日のどしゃぶりは気も滅入るし、強風で電車の運行が乱れると困る。

ただ、どの天気でも何となく楽しめる体質のようだ。「わあ、旅行なのに雨かぁ」と言いながらも、そのシチュエーションを特別に思い、口で言うほど嫌がってはいない。

行事に関しては、雨天順延になると大変だから晴れてほしいけれど、それとて雨自体が嫌いな訳ではなく、面倒くさいだけだ。

だから、てるてる坊主を作ったことがあまり無い気がする。「天気だから仕方ない」んじゃなくて、「お任せしてます」みたいな。

そんなゆるゆるっとしたスタンスで、今日も空を見上げている。

天気が良いと高いところにのぼりたくなります

覚えていられないこと

今はまったく自信がないが、昔は記憶力がいいほうだった。ただ、誕生日やその他もろもろは覚えていられるのに、お命日はからきし駄目。亡くなってから何年というのも思い出せない。そんなところも、ゆるゆるしている。

毎年のお墓まいりのたびに、「オクダが亡くなって何年だっけ?」と友人に尋ねる。そうすると「ちゃんと覚えてなよ〜」とは言わず、にっこりして教えてくれて有り難い。

突然逝ってしまったオクダから、珍しくプレゼントをもらってから何年経つのだろう。友人と私の二人のイメージを考えて選んだという手ぬぐい。私がもらった柄は茄子だった。。。

あれからずっと手ぬぐい派である。

命日は忘れるが、オクダのことはしょっちゅう思い出している。

気持ちの整理のためのひとりごと

2012.07.02

手ぬぐいのアイロンがけは気楽で楽しい

ルビーの指輪

プレゼントの想い出の一つは、母からの成人祝い。着物は私が自分でローンを組んだので、「私も何かしたいわ」と言う母にルビーの指輪を買ってもらったのだ。

ちょうど寺尾聰さんの『ルビーの指輪』が流行っていたころで、♫そうね、誕生石ならルビーなの♬ という歌詞は、まさに7月生まれの私のためのもの。「欲しい!」と初めてねだってみたら、母は嬉しそうにしていた。

数万円の小さな小さな石だったけど、赤い宝石が自分の指で光っているのが少し照れくさかった。

成人式の年に結婚した相手は、13歳年上だけど無職だったので、当然婚約指輪なんていうものはなく、その後も宝石とは縁がない人生だったけど、それはそれで良いように思う。

くもりガラスの向こうにある風の街で、今も母と私のルビーは輝いているから。

※画像はお借りしてきました

ちょっちょ
天候が生活に直結する方々には、ちょうど良いお天気だと良いなと思っています。極端ではないのを空にお願いしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
Ally(アライ)であることを表明しています。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳