【と】時計と同級生とドリー

“時間”と言われたら

9月に受検したMBTIタイプ診断のフィードバックの中で、「“時間”と言われたら何を思い浮かべますか?」という質問があった。

次々にいろいろな言葉や場面が思い浮かんだのだが、私と違うタイプの人は、“時間”と言われたら“時計”が浮かび、それ以外はなかなか出てこないと言う。

にわかには信じがたかったので、その後、私から何人もに同じ質問を行ってみたところ、本当にそうだと分かった。“時計”と答える人は、“時計”の他に浮かばないと。

時計と答える人からしたら、私のように「原田知世(時をかける少女)」「うさぎ(不思議の国のアリス)」「モモ」なんて答えるほうが不思議なのだろう。

人はみんな違うもの。みんな違ってみんないい。

常日頃そう思っていると思っていたのに、そうでもなかったことに気づく。自分が当たり前だと考えていることは盲点だ。当たり前なんてどこにもないことを、ちゃんと自覚していたいものだ。

※画像はお借りしました

違うからこそ同じが嬉しい

有り難いことに、中学の同級生とも高校の同級生とも今だに親しくしている。

偶然同じ学年に生まれ、偶然同じ学校に通った。確率的に言うと、これはもう“偶然”ではなく“奇跡”と呼んでいいのではないだろうか。

先日最終回を迎えたドラマ『僕らは奇跡で出来ている』のタイトルっぽく言うと、私は同級生で出来ている。

みんなの生き方、考え方、人との接し方など、いろいろなものが私の中に潜んでいて、たまにひょっこり顔を出して良い影響を与えてくれる。ピノキオのジミニークリケットのように、良心の役割を果たしてくれる。たまに反面教師にもなってくれる。

同級生との信頼関係が、他人と向き合うことは怖くないと教えてくれる。

だからこそ一歩を踏み出すことが出来て、新しいつながりが生まれるのだ。

そうして生まれた新たな友人や知人は、同級生のように私にとってかけがえのない人々になっていく。

どこかに共通点を持ちながら
みんな違って、みんな好き、なのである。

中学の同期会は4年に一度。開催年には年賀状を送ります。次は2020年!

私のキャラクター

「ちょっちょってどんな人?」と、同級生や友人・知人に尋ねてみたら、かなりの確率で「おしゃべり」「マシンガントーク」「スイッチ入ると止まらない」という答えが返ってくるだろう。

私自身も自覚があるので、2018年の抱負を『あまり喋らない』としたのだが、Facebookでの反応は「無理だろー」と「無理しなくていいよ」の2種類だった。

年初に取り替えたら反響が大きかったFacebookのプロフィール写真

あと2週間ほどで2018年も終わろうとしているが、抱負のことを聞かれたら口をつぐむしかない。

いや、つぐめたら苦労はしない。。。

以前、ディズニー映画『ファインディング・ニモ』を観た子どもたちから、「ドリーはお母さんみたいだ」と言われた。もしくは「お母さんはドリーみたいだ」だったか。

私はあそこまでは喋らないと思っているのだが、もしかするとドリーもそう思うかもしれない。

あの小さな青い魚との共通点。

否定できなくて悔しい。

主役にまでなっちゃってる憎めないお喋りちゃん。
吹替は室井滋さんです

ちょっちょ
自分ではお喋り度7くらいだと思ってるんですが、皆様には8〜9と思われているようです。
え?
10?  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ちょっちょです。
4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
Ally(アライ)であることを表明しています。

※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳