【へ】へのへのもへじと弁当とヘレン

どうやって折るの?

安野光雅さんの絵、へのへのもへじ…。
我が家の子どもたちに教えたのは「つるさんはまるまるむし」だったな。つるさんだから。

仲良くしていた近所のご家族が、ある日折り紙で遊んでいたときのこと。

カブトやヤッコサンを折って、お母さんが「今度はツルさんを折ろうか」と言ったら、4歳の女の子が目を丸くして
「どうやってツルさんを折るの!!??」と言ったそうだ。

何でそんなに驚くのだろうと思いながら「折るから見ててね(^ ^)」と言うと、今度はもっと大きな声で
「どうやってツルさんを折るの!!!???」と。

大人は、折り紙のツルと言ったら鶴しか浮かばないけれど、女の子は、折り紙で私が作られると思ったらしい。そりゃあビックリするはずだ。

ちょっと見てみたい気もする。
等身大折り紙ちょっちょ

これは3年前に長女が作った折り紙の花束。器用なもんです

朝から大学いも

長男が小学生のころ、ツルという苗字でからかわれると訴えてきた。「いい名前だと思うよー」と言ったところ、「お母さんには小さいころからツルの気持ちは分からないよ!!」と強く返された。確かに分からない。

そんな彼が結婚するときに、お婿にいってもいいよと伝えたら、ツルのままがいいと言う。気に入ったのなら良かった良かった。

高校に入ってしばらくしたら、お弁当を自分で作ると言い出した長男。料理好きなので、安心してお願いした。

初めて自作の弁当を持っていったら、友だちから「今日のツルの弁当は、弁当らしい弁当だなぁ」と言われたとドヤ顔で帰ってきた。
これまでの弁当がどうだったかはさておき、朝から大学いもを揚げるなんて感心する。いろいろ工夫しながら卒業まで欠かさず作っていた。

大学卒業後、就職浪人していたころは、家族の食事を一手に引き受けてくれて本当に助けられた。

裁縫は長女、買い物は二男と、うまく回してくれたおかげで、私は楽に仕事が続けられたと感謝している。

最近美味しかったお弁当は、東京駅の格之進TSB段違い肉膳。弁当は食べるのが好き

Helen Wheels

「ヘレンって誰?」と思った方もいるかもしれない。五十音ブログでは毎回有名人やキャラクターの名前を入れているが、今回は違う。ポール・マッカートニーが歌うヘレンは車の名前だ。

私が中学3年のとき、ビートルズが好きな友人たちとイングリッシュネームなんてものを付けて遊んでいた。サリーやミシェル、モーリー、、、私はおこがましくもポールの奥さんの“リンダ”を名乗っていた。

小学校のころから思い続けていた男の子をヘレンと呼んだ。ポールの『Helen Wheels』のヘレン。邦題は『愛しのヘレン』である。

自分から告白してはいなかったが、告白していたようなものだったんだなぁと今は思う。愛しの…、なんだから、それ以外は考えにくい。

それでも私は、自分の恋心はうまく隠して仲の良い友だちでいると思っていた。

ただ純粋に、楽しそうにしている姿を見られれば私も嬉しかった。笑顔で語りかけられると、音が聞こえてしまうのではないかと思うほど胸がドキドキした。

ある日、帰り際に右手を出されて、それが握手を意味しているんだと気づいたとき、頭が真っ白になった。
家に帰ってから「手を洗わない宣言」をした私を、母は微笑ましく見ていただろう。母の表情を見る余裕なんてまるでなかったから分からないけれど。

あんなに素敵な握手は、後にも先にもあの時一度きりである。

今でもヘレンの姿を見ると少し胸がキュンとして、少し緊張する。だけどこうして文字に起こせるのは、それが大切な思い出として、きちんと昇華出来ているからだと思う。

無垢な気持ちを抱いていた私を思い出すことはあっても、過去に戻りたいとは思わない。
過去を解き放った私は、こんなにも自由なのだから。

ちょっちょ
石丸幹二さんの握手も素敵なんですが、さすがに手は洗いますね

2 件のコメント

  • 石丸幹二さんの握手も素敵なんですが、さすがに手は洗いますね

    ちょっちょちゃん……ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ
    笑ꉂꉂ(ˊᗜˋ)ツボにはまり、真面目なコメント入れるつもりが……ここ最後ダメだ。
    ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは~!!ムリ…( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )笑ꉂꉂ(ˊᗜˋ)
    日を改めて出直します。あ~あ。。。

  • 真面目にコメントを入れるために戻って参りました。
    家族のあなたの守らなければならない子供達が、あなたの気持ちを受けとめ、それぞれのポジションで愛を放つ。
    素晴らしい御家族ですね。
    きちんと、ちょっちょちゃんの背中を見つめて歩んでいるのが、心に浸透しました。
    働く、継続することは、素晴らしいこと。
    その労も花になり開花して、自分のことのように感じ、聞かせてもらって良かったと思ってます。
    情とは、心。
    自分の生き方と同じ共感できる文を読んで感じたので、綴ります。

    不幸でもなく、幸福でもない、ぼんやりした場所にあると思って歩んできました。
    「幸福論」を耳によくします。
    誰もが、幸福っていったいなんだろう、と不安になるときもあります。
    私自身、これまでたくさんの苦労をし、また幸せを実感することも数多くありました。
    なにより有難いことは、それほど大きな怪我もなく、重い病気で入院したりすることもなく過ごせたことです。
    貧乏と病気、この二つを親の敵と思いこんで生きて来ましたが、いまもその考えに変わりはありません。
    金の苦労、家庭の事情、もしそれに病気が重なってしまえば、もうどこにも逃げようがない。
    幸福論なんてどこの国のお話しでしょうか、と食ってかかりたくなるのも当然でしょう。
    そこそこに金あり、ほどほどに健康で、親子兄弟の仲もまずまずという状況を考えてみたら、こういうなかでは、人はおおむね惰性で生きていくものだと思うんです。
    自分は、ぼんやりした場所が不幸でもなく、幸福でもない場所かなと思ってます。
    不幸のどん底にいた時に感じた我が家は、幸福を求めませんでした。
    どうしても必要なのは、わずかな金であり、家族に持ち帰る米と感じとっていたのは、母の言葉や、生き方で子供である自分が背中を黙ってみて感じとっていたからかも知れませんね。
    それが、家族なんですね。(笑)
    今も誰かを守らなければならいという時には、一生懸命一緒に考えて、今を生きることがぼんやりした場所なんですが、幸福な場所なのかなと思ってます。
    全てを理解して、愛す努力をこれからも忘れずに歩んで行こうと思ってます。
    もしかして、こんな思いも幸福な場所なのかも知れませんよね。(笑)

    ❁✿✾ ちょっちょちゃんの幸福の場所を知り、自分も大きな幸福の場所を感じました。
    ありがとう! ✾✿❁︎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ちょっちょです。
    4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
    私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
    Ally(アライ)であることを表明しています。

    ※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳