【ほ】歩道橋とボウリングと穂村弘

新青梅街道と通学路

私の記憶が確かなら、小学校3、4年生のころ、通学路である新青梅街道に歩道橋がかけられた。

現在は、車椅子やベビーカーへの配慮があり歩道橋ではなく横断歩道が良いとされているが、あのころは激増する交通事故から歩行者を守るために、歩道橋やガードレールがどんどん作られていった。美濃部都知事による革新都政である。

「歩道橋の上から見ると、景色が全然違うんだよー」と興奮して話す私に、母が「事故が減るのは良いことだけど、車社会も良いことになっちゃうのよね。。。」と言ったことを何故かハッキリと覚えている。

歩道橋での通学に馴れたころ、歩道橋の横にある交番のお巡りさんをからかってから帰ることが楽しくなっていた。
その日もいつものように交番をのぞいていたら、中に招き入れられて「大人をからかってはダメ」とちょっとお灸をすえられた。

口調がやさしかったので気まずくもならず、その後はちゃんと挨拶をして通っていたが、やはり私は少し変わった子どもだったんだなぁと思う。
今でも人との距離の取り方がよく分からず苦手である。

数年前に撤去された表参道の歩道橋。時代は変わりますね

昭和に流行ったもの

小学生時代にブームになったものの一つにボウリングがある。ボウリング大会がテレビ中継され、プロボウラーが出演するCMが人気だった。

新青梅街道沿いにある黒龍ボウルも、週末は長蛇の列だった。母がハマったこともあり、私もよく連れていかれ、たまに投げることもあった。

紙のスコア表に結果を記して計算していくのが好きだった。隣のレーンの人に計算方法を教えてあげて少し仲良くなると、お互いのストライクを喜びあえる感じも好きだった。
マナーとしての拍手と、喜んでくれてるそれとは違うから。

ブームが去り黒龍ボウルがマンションに変わったころには、もう母と行くことも無くなって、たまに友人と遊ぶときには中野サンプラザのボウリング場を利用した。PTAでも親睦ボウリング大会をやったりしてたのは、年代の幅があるとはいえ、私たち親世代がブームを通ってきたからだろう。

カーン!と響き渡る爽快な音と、ゴトンと溝に落ちる音のどちらも懐かしい。たまに手から滑って、ドンと落としたりもした(これはガーターより恥ずかしい)。

会社のボウリング大会。ピンの着ぐるみは私の私物です

手書きのスコア。124はまあまあ

ホムホムLOVE

「ちょっちょの好きな人は石丸幹二さん」「ポールも大好きだよね」と、お分かりの方がほとんどだと思いますが、文章を書く人では穂村弘さんの大ファンである。

1990年代にニューウェーブ短歌を推進した歌人であるが、実はホムホムの詠む短歌よりエッセイが好み。今回このブログ用に写真を撮ろうと本を探したら、すぐに取り出せる場所にあるのはエッセイばかりであった。

20年近く前に短歌のイベントで後ろの席にいらっしゃるのを見つけて、思い切って声をかけてみた。

「あのー、触らせていただいてもいいですか?」

「どうぞ」と言われたので、ホムホムの手の甲を三回つつかせてもらった。

「ありがとうございます」と言ったら、「え? それでいいんですか?」と驚かれたが、「はい。もう十分です」と。

隣にいたのが同じく歌人の東直子さんで、こちらは握手をさせてもらった。

『短歌研究』という月刊誌のメールで添削するコーナーでは一度選んでいただき、マンツーマンの添削を受けた。ワクワクするってこういうことだと思った。

ホムホムのエッセイが好きだと書いたが、歌人のホムホムが書くから好きなのだな。

そして、短歌もやっぱり好きだと思う。

これは一部です。でも他をどこにしまったか、ちょっと不安。。。

このころは柊弓子という名前で短歌を詠んでいました。
(元)黒文字がかすれるほどの風が吹き何も残つてゐない便箋

(改作)黒文字がかすれるほどの風が吹き「あき」「ふみ切り」がからうじて見え

 

ちょっちょ
短歌を詠みたいなと思ったり、ボウリングをやりたいなと思ったり。単純な私ですが、歩道橋を渡りたくはなっていないです

5 件のコメント

  • 短歌を詠みたいなと思ったり、ボウリングをやりたいなと思ったり。単純な私ですが、歩道橋を渡りたくはなっていないです

    ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは~ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)笑無理~!
    お腹痛い~爆笑ꉂ(ˊᗜˋ*)°(ಗдಗ。)°.あ~っ。
    ‪( ᵒ̴̶̷̥́_ᵒ̴̶̷̣̥̀ )‬ちょっちょ。。。顔は綺麗なんだけど……ギャップがあっていい存在。
    すいません…出直して来ます。
    ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは~いい。
    お腹痛いほど、楽しくて……指先が…微笑みすぎてコメントできない。
    失礼します。(。・艸・) (。-艸-)) (( 。>艸<)-3
    (≖ᴗ≖๑)ʊʊʊ♡
    タタタ゜°。。ヘ(;^(ェ)^)/(笑)

    ණ(ᵒ͈̑ᴗ̂ᵒ͈̑ )”今度から、下まで読まないでコメントしてから、見ようかな。(笑)
    ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは~!!最高꙳★*゚

  • 真面目なコメント入れ直します。
    歩道橋の歴史、お母様は奥深い思いだなと、会いたくなりました。
    歩道橋の上で、思うことは違っても、自分は変な子ですが、利用する時代に共に生きて嬉しい思いでした。(笑)
    ボーリング懐かしいな~!!
    中山りつこさん~
    なんてコマーシャルソングありましたからね。(笑)
    凄いスコアですね!
    鉛筆で書いた記憶があるな。
    たまにやりますが、その時代が蘇ってほっこりしました。
    (*^^*)(笑)ありがとうございました!
    紹介
    さて!
    緊張の照れ隠し?
    ちょっちょちゃん?
    少し、自分なりに話ししてみようかな。
    精神分析学で有名な学者に、ジークムント・フロイトという人がいます。精神分析学の創始者といわれる学者です。彼の娘のアンナが、父の研究を引き継ぎ、特に児童心理学分野を整理していきました。そのなかで、「防衛本能」についてまとめていまたのを読んだことがありました。

    この「防衛本能」についての著作の中に「反動形成」という言葉が出てきます。無意識のうちに引き起こされる自己防衛行動の一つです。嫌なこと・認めたくないことに対して逆向きの行動・意識をとることで、精神の均衡を保とうとする心の動きのことをさします。

    好き避けは、この「反動形成」の一つです。好きな人が自分以外の人と仲良く話していると「嫌だ」と感じることで、「あの人のことなんて、はじめから好きではない」というような自分の気持ちとは真逆の「避ける行動」をとってしまいます。
    好き避けをする男性にとって好きな人への感情はなくなっていないのですから、好きな人には嫌われたくないのです。この点が好かれている女性側からすると「面倒臭い」のですが、好き避けをしている男性は恋愛経験が未熟ですから当然理解できていません。

    好きだという気持ちを悟られたくない。でも嫌われたくない。チラ見することが多くなれば気持ちがバレてしまうのではないかと心配でたまらない。かといって遠く離れてしまうのは嫌だ。こうした心の葛藤の末にできてしまった行動が、一度視界に入れて意識した後にあえて離れるという「避ける」行動です。

    冷たくされたらどうしよう。
    近寄りたいけど、悟られたくないから意地悪してしまう。
    相手からすると好意を持たれてるのか、人によって逆に考える人もいるかも知れませんね。(笑)
    例えば話しで、電話に出ない、メールの返信がない、嫌われてるのかな?でも逆の心理もある。
    好きだから、どうして返事したらいいかわからない。
    電話やメールも躊躇うこともある。
    好きか、どうか判断するには、相手が自分をフォローに入る。
    好きな場合、必ず優しさが見え隠れするはずだから理解できてくる。
    距離を置いてしまったら終わり。
    少し距離を置いて、相手に寄り添って見抜く努力をすればいいことですよね。
    ただ、なかなか相手がその人を好きでなく、いきなり、素っ気ない態度や、意地悪は怒られる要素になるかも知れません。(笑)
    お巡りさんや石丸幹二
    やホムホムさんもそんなふうに不思議な気持ちでちょっちょちゃんを感じていたかも知れません!
    笑ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)
    なんか理解出来る自分がいた。
    何故なら児童心理学や心理学を学んだから良かったかな…?(笑)

    …φ(..)えっと、次コメントする際は、スクロールに気をつけてみようとは、思ってるんですが、
    ちょっちょ無理かな……(笑)シャレ
    失礼しました。
    また、素晴らしい魅力を拝見しに来させていただきまーす!
    ありがとうございました。
    寒い折、くれぐれも身体に気をつけて活躍して下さい。
    また、どこかでお会いしましょう~♬︎♡
    (,,>ლ<,,)∗˚(笑)短歌読んでみるかな。

    • いつもありがとうございます。りつこさんのCMをご存知ということは同世代なのでしょうか。
      「防衛本能」のお話、面白かったです。

      • ひとつ下でしょうか?(笑)
        因みに、ちょっちょちゃんは水彩画好きですか?
        自分の名前のいわれは、両親が共通の趣味が、水彩画だったために名ずけられたようで、漢字だと水に溺れると言われたらしく、ひらがなになったようです。
        聞いてない?
        (,,>ლ<,,)(笑)
        防衛本能、面白く感じてもらって良かった!
        *\(^o^)/*バンザーイ(笑)
        また、コメントさせていただきまーす。
        返信嬉しかったー!!
        ありがとう!!またの機会がございましたら、よろしくお願いします。(笑)

        • 誰がひとつ下かを入れ忘れました。
          ちょっちょちゃんが…多分ひとつ下かなと思ってます。(笑)
          タタタ゜°。。ヘ(;^(ェ)^)/また(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ちょっちょです。
    4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
    私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
    Ally(アライ)であることを表明しています。

    ※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳