【ら】ラムネとらくだとライアン・オニール

大敵、なれど

昔からコーラが大好きで、食事の際もコーラを飲んでいた。数年前に同級生から「痩せたいなら、まず甘い飲み物をやめることだな」と言われて気をつけるようにしたら、意外なことにやめられた。

私はアルコールに弱く、飲み会の席ではソフトドリンクを頼む。たいていウーロン茶だが、ラムネがあったらラムネがいい。甘い飲み物ではあるけれど、胸にわく郷愁を無理におさえる必要もないだろうと、いそいそと注文する。

わざわざ『ラムネ』と書いてある店では、それは瓶のままやってくる。ガラス玉を落とし、溝にひっかかる向きにして、瓶に口をつける。グラスに移したくないのは小さなこだわり。

こんな夜は、幸せと体重が一緒に増加する。

サイダーも“さいだぁ”と書かれた途端に懐かしさを帯びますね。戦略に引っかかる素直な私。

昔の写真を

歴史や伝統に興味はないのだけれど、個人の想い出を懐かしむのは好きである。というわけで、ちょいちょい昔の写真を眺めている。

子どものころも子育て期も旅行に縁が無かったので、近隣で撮った写真がほとんど。たまに広がる自然の風景は、母の里である宮崎のものである。

記憶がない写真は、母に話を聞いてみたかったなと今でも思う。

らくだに動じない母と、気にしている私

このらくだも宮崎なのだろう。埴輪の写真と同じ服だからたぶんそう。

やっぱり聞いてみたかったなぁ。

三つ子の魂百まで。ポーズは真似したい体質

終活の一環として、数年かけてアルバムから写真を剥がしてポケット式に移した。子どもたちには、欲しい人に写真を差し上げた後で処分するように頼んでいる。

記憶を遡ると

幼いころ母に聞かされた話で断片的に覚えているのは、何故か芸能ネタが多い。

千昌夫の『星影のワルツ』を「いい歌よねぇ。売るために自分で有線にリクエストしていたらしいわよ」と言ってたなぁとか、「『君の名は』は本当にお風呂屋さんが空になったのよぉ」と熱く語っていたなぁとか、「ラブラブショーいいわねぇ。石坂浩二の熱烈ラブコールで浅丘ルリ子は出たらしいわ。関口宏と西田佐知子もいいわねぇ」と自分も出演したそうに話してたとか、、、

くだらない会話だけれど、いつも楽しそうだった母。

【み】のミア・ファローのところでも書いたが、母は『ペイトンプレイス物語』が好きだった。母の贔屓は別の人だったが、私はライアン・オニールが好きで、『ある愛の詩』のテレビ放映も夢中で観た。もしかすると『ある愛の詩』や『小さな恋のメロディー』が私のロマンチック好きを増幅させたのかもしれない。

好きな映画のジャンルは、ずっと“ファンタジー”と“ロマンス”のままである。

同世代のテイタム・オニールの活躍も眩しかった。ジョディ・フォスターの方が好きだったが、2人とも凄いと思い応援していた。

後に、オニール親子の虐待や薬物などのスキャンダラスな出来事を知ったときは悲しかった。あんなに輝いていたのに。。。

作品の素晴らしさは変わらないけれど、ライアン・オニールを思い出すとき、少し寂しい気持ちがする。

【み】神輿と三峯神社とミア・ファロー

2019.03.09

『ペーパームーン』のライアンとテイタム親子。 ※画像はお借りしました

ちょっちょ
昔の映画をゆっくり観たくなりました。

3 件のコメント

  • 大敵なれど……戦略に素直にひっかかったちょっちょさんこんにちはぁ!
    ァ,、’`( ꒪Д꒪),、’`’`,、違うか、、、、
    1、大敵なれど
    2、昔の写真を
    3、記憶を遡ると
    ヵゎゅぃ…..φ(・∇・`〃 )幼少期のちょっちょさん!!
    まずは、全て真剣に拝読させて戴きまして、コメントを大敵なれど入れさせて戴きたくそうろう…違う意味(笑)

    ゴールデンウィークは充実した日だった様子ですが、また身体に気をつけて持ち前のパワーで活躍して下さいね!

    ラムネか~懐かしいな。
    ラムネの感想と気持ち、ちょっちょさんが語るそのものですね!
    ビー玉をよく戦略できないで、早く飲みたかった時期があるな。
    ビー玉欲しさに割った記憶もありました。
    (`-д-;)すいません。
    今は素敵なステッカー貼って売ってるんですね。
    味はそのままかな。
    忘年会やいろいろな人の集まりの席にアルコールは弱いか…自分と同じなんですね。
    甘い物を控える助言か、美を追記することを怠らないって素敵ですね。
    自分はあまり気にしない、自身も人も気にしないですね。
    ありのままの姿を見る。
    なんにも気にしないから少し見習わないといけないこと感じました。(笑)
    23歳お肌の曲がり角なんてまわりの友人の言葉も気にしないで、サーフィンなんかしてて、ガンガンに日焼けしてたから今はシミだらけですが、なんか不思議に自分をだしにするとまわりの人は高らかに笑ってるからこんな人もありかななんてね。
    まあ好きなものを口にして、幸せな時間をもつのが大敵より素直さがあり好きですがね。
    昔の写真((φ(・д・。)ホォホォ宮崎か。
    いいですね。
    先日我が家の愛犬が亡くなりまして、彼女も宮崎出身なんですね。
    ちょっちょさんのお母さんと同じなんだな。
    話しができたら聞いてみたかったな。
    宮崎ってどんな所かとか…。
    いい環境で羨ましいな。
    思い出の写真があります。
    振り返って思うことはただありますよね。
    古き写真をどんな感じで過ごしてたかなんて聞いてみたい気持ちわかりますよ。
    親しかわからない時期があるからです。
    自分は今そう思うんだけど、そんな時間は親も一生懸命で、我が子ちょっちょさんを幸せにする時間をつくることで一生懸命なんですがね。
    ただひとつわかることは、ちょっちょさんを何にも変えられなく愛してるってこと全てですね。(笑)
    月の砂漠を~遥々と♪(*´○`)o¶~~♪
    ちょっちょを愛し連れて来ました~♪
    ( ⸝⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝⸝ )かな。

    母は素晴らしい!!
    動じない母、気にするちょっちょさん。(笑)
    いいな。
    ある意味一人っ子っていいですね。
    自分は写真ないんですよ。泣
    大切にされてたんですね。
    気持ち共感しました。
    ただ、終活の写真処分は待て!かな。
    自分がちょっちょさんの子供だったら、黙ってるかも。
    辛いかな心理は。
    きちんとした方だとは理解してますが、言葉見たら悲しくなり正直にコメントしていました。(悪しからず)
    真似するちょっちょさんに話は切り替えて、
    幼少期から今に性格が真似するがあるんですか。
    確かに幼少期にイヤミのシェーってやりましたよ。
    だからちょっちょさんの玄関前のちょっちょさんの幼稚園児の写真を見て思わず微笑む自分があったんです。
    同じことしてたんだなぁとね。
    真似する幼少期や全般の心理学。
    自分が以前お話ししたように、心理学の勉強する機会があったためか生まれ育った環境からか、今も興味深いと感じて心理学の本を読んで学び取ること好きなのかと思います。
    これは引用したものですが、土肥幸司先生のものを読んで、なるほどと感じたものですが、ちょっちょ書いてみますね。

    人には好意をもっている相手や尊敬する人、気になる人の真似をしたがる性質があり、それを心理学用語で、「同一視」といいます。
    好きな人に憧れるあまり、一心同体になりたいという心理がつよく働き、似たような外見や髪型、服装をし、更にしぐさなども真似ることで、より親近感を感じようとするのです。

    みなさんも思春期の頃に好きなアイドルやタレントのファッションを真似たという経験はありませんか。
    社会人になってからも、憧れている先輩が美味しいと言っていたレストランに行ってみたり、尊敬する上司がよく読んでいる作家に関心を持ち、その作家の本を何冊も読んでいるという方、いらっしゃると思います。
    そのような行為も「好きな人にもっと近づきたい。好きな人をもっと知りたい」という心理が働いているのだと考えられます。

    ですので、あなたのことを真似する人は「あなたが好きで、あなたに憧れている」と言えるでしょう。

    ・自信がなく不安

    私達は自信がないときや心配事があるとき、不安で眠れなかったり、トラブルが続き、心が混乱しているときなど、自分という軸をしっかりと保つことが難しくなってきます。
    そのようなときに自分の軸をしっかりと保ち、行動している人の真似をすることで、どこかつよくなったように思え、束の間の安心感を得られるのかもしれません。

    1部引用ですが、ちょっちょさんのブログの中の愛読書や話しを聞いてるとあたってるなと思い書いてみました。

    お母さんの楽しそうな会話の中にも垣間見ることがあるように思います。

    大切なのは、その心理にわけわからなく去るかどうかが問題なことだと思うんですね。
    以前自分が会社で総務課で主任の時に、新人生の3人とデスクが一緒の配置にいて、その当時の話しなんですが、新しく一人職員が入った時に部下よりこんな話しがありました。
    「あの、鉛筆削りが中央にあるものが、新しく入った人の机にいつもあるんですが、」話しをして中央に置くように伝えましたが、また新人生の机にあり苦情を受け他の人は嫌ってしまいました。
    ゆっくり話しを聞いたら、彼女は一人っ子の環境で育ち自分の物は自分の物として生きる環境であったことを知りました。
    苦情を受けた部下に説明をして、理解をさせました。
    一人の環境を大切にする。
    これは彼女の責任とは違うからです。
    理解するために相手の気持ちを聞いてあげる。
    聞いたあと、どうしたらいいのか理解する。
    くむ、大切にする。
    それは頭ごなしで決めつけて叱る、避けるんではなく、尊重をし示すことは大切なことと学び取れたひとつの人生環境の尊さだったんですね。
    その時に学び取る機会があり感謝してます。
    何故なら、ひとつの経験からプライベートや今を生きる自分に人と関わるのに学び取り活かせてるからなんです。
    自分は立派な大人ではないから、自分にとりプラスになる方に出会った時には尊敬の念をもち、同じ時間空間に時に時間の許す限り相手の話しを聞いてみたいと思ってます。
    時間の余裕を作ってまでも話しをするって、ある意味残された人間にとってもあの時のこと聞いてみたいなぁ。。。求める今がちょっちょさんにも自分にもあること感じるから、大切にしたいですよね。
    心理学の話しを長くなりすいません。
    映画の話しを聞いてコメントします。
    映画、同じ映画を観て同じ気持ちでいることを知り嬉しい気持ちです。
    メロディが金魚を瓶から放ち瓶に戻しながら微笑む気持ちのシーンとメロディがダンスをしている姿に恋する。
    汚れなく、好きだから一緒にいたい。
    小さな恋のメロディー
    大好きだったな、結婚式をして友達が爆弾テロの成功した瞬間の校長先生の髪の毛は映画館で(´▽`) ‘`,、’`,、って笑ってたな。
    なんか今思うと、あの牧師役した男の子が、自分のリアルで例えると似ている子いるんですよ。
    ライリーってあだ名だったなとか。
    今思い返して役をはめても楽しいかもと思いました。余談すいません
    ある愛の詩か~懐かしいな、自分はラストコンサートって映画を観て、彼女が白血病で亡くなるんですが愛により生きる力を鮮明に覚えていて、その主人公の名前がステラだったんですね。
    ピアニストで素晴らしい映画の挿入歌で今でも探して聞いてます。
    ステラって呼ぶ声も入ったピアノの挿入歌。
    ドイツ語まで調べて、ステラは星だったんです。
    だからsuteraとかハンドルネームに使ってます。ポラリスとか……(笑)
    わかんない話しを浸りすいません~♪
    昔の映画みたいですね~共感多いブログありがとうございました!!
    素晴らしく、輝かしい☆時間空間を感じることがお陰様でできました。

    see you again!
    アディオス!!( -`ω-)b•*¨*•.¸¸☆*・゚(笑)
    陽気の変わり目体調崩さないように٭❀*
    乱文にて失礼します~♪

      • いつも感銘を受けると同時に、想起を感じます。
        光栄ですなんて、昔なら御有難いお言葉って返すに値する気持ちをありがとうございます。
        胸熱く、目を通した瞬間、涙浮かびました。
        今後共素晴らしい感性を感じにお邪魔します。
        変わらぬあなたでいて下さい。
        ありがとうございました!
        ( >̶̥̥̥᷄д<̶̥̥̥᷅ )沁みた。(感謝)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ちょっちょです。
    4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
    私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
    Ally(アライ)であることを表明しています。

    ※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳