【よ】羊羹と与作と吉田日出子

ソフトクリーム愛

お菓子が大好きである。一番はプリン。それと肩を並べて塩おかき(特に「鬼ひび」)。家にあると全て食べてしまうので買い置きということが出来ず、食べたいときに買うスタイルだったが、最近はだいぶ抑制できるようになってきた。

この前、パッケージが可愛い虎屋の小さな羊羹をいただいて、一つは喜び勇んですぐに食べたが、残りは大事に眺めている。そんなことが出来るようになった自分を誉める。

とはいえ、外出先では自由に食べたいものを食べている(量は考える)。

とにかくソフトクリームが好きで、見かけたら食べたい。先日はソフトクリームのために遠回りして途中下車してきた。わざわざ行った甲斐がある絶品、というかこれまで食べたソフトクリームの中で一番美味しかった!

ジェラート屋さんなので、ソフトクリームは週末しか販売していないという。会社帰りに通い詰めてしまう危険性は無くなったが、土日になると行きたくてうずうずする自分が眼に浮かぶ。なぜなら、ソフトクリームは1種類しか作らず毎週変わるそうなのだ。

なんという誘惑!

誘惑に負けたいわたしである。

キャラメル味。少し感じる苦味がたまりません

人を驚かせたい

小さいころから人をビックリさせるのが好きだった。笑わせたいわけではなく、驚かせたい。ストレングスファインダーの結果で、『着想』が一位と分かったとき非常に腑に落ちたものである。

見た人が「えっ!(◎_◎;)」となるのが嬉しい。PTA活動しているころは、突拍子も無いことをお披露目する機会が多かった。地域の新年会でナースの扮装で寸劇やったり、「レッドスネーク、カモン!」の真似事で蛇をやったり。競馬の馬とか、桜の木とか、ボーリングのピンとか、キューティーハニーとか。

北島三郎風のカツラと鼻を付けて、『与作』をやったときもたくさん驚かれた。高音の美声の持ち主に与作の女房をやってもらい、最後のフレーズを高らかに歌い上げてもらって拍手喝采。面白かった。屋形船で与作をやったときは、畳であることを活かし、発泡スチロールで足先をこしらえて膝に付け、三頭身を表現してみた。

10年くらい前にそれらの衣装や小道具をイベント好きな人に差し上げて、今は顔出しパネルで満足するほど成長している。断捨離が流行る前から物を減らし始めたわたし。ここでも自分を誉めてみるとしよう。

北島三郎さんを真似たわたし。ドヤ顔ですね

上海バンスキング

物は減らせても、好奇心は減らせない。それでも金銭的時間的余裕に鑑みて、引っ込めたり出したり引っ込めたり引っ込めたりしている。大金持ちだったらどんなに素晴らしいだろうと思うこともあるが、大金持ちなら全てチャレンジ出来る分、身体がついていかなくて倒れてるかも。

大好きな舞台はナマモノなので、見逃した悔しさは大きい。毎年発表されるミュージカルベスト10などを見ると、ほとんど観ていないことに愕然とする。「ああ〜、また見逃してしまった…」と取り戻せない後悔をする。そもそもリピーター気質なので新作を見逃しがちなのだ。

過去の名作などは、観てきた人の話を聞くと羨ましくて仕方がない。神さまが現れて「一作だけ過去に遡って観てきても良いよ」と言ってくれたら何を選ぶだろう。

『アフペクツオブラブ』や『壁抜け男』も観たいけれど、一作だけなら『上海バンスキング』にする。吉田日出子さんの演技や歌をこの目で堪能したいのだ。キュートな見た目も好きだが、なんと言ってもあの独特な声にゾクゾクする。岸田今日子さんもそうだが、私は声に惹かれる声フェチなんだと思う。

以前【く】のブログでも書いた通り、『上海バンスキング』の串田和美さんが大好きな私は、見逃してはいけないとばかりに今年も松本に出かけていく。交通費を抑えるためにいつも往復ともに夜行バスだ。60に手が届く歳になっても夜行バスに乗る体力を保てている自分を誉めたい(新幹線に乗るほど稼げない自分には目をつぶろう)。

【く】くるみと紅天女と串田和美

2018.09.22

2年前の松本での写真。心から楽しんでいます。

ちょっちょ
舞台を観た後に美味しいソフトクリームを食べられるとかなり上機嫌になります。

1 個のコメント

  • (._.)φこんな才能があるとは……フムフム。

    ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)あははは~!!
    いい~(笑)北島三郎のパフォーマンス✩.*˚
    ちょっちょさんの美人から知的な才能から、吉本興業や人を笑顔にさせる1面を今回のブログの紹介で知り、新たなる魅力を発見!!
    素晴らしいですね。

    …..φ(・∀・*)なるほどぉ.…(笑)
    さて、いつものように全部読ませて戴き自分の高らかな微笑みが出てすいません。
    コメントをさせていただきます。
    ソフトクリーム、プリン自分も大好きですが、昔幼少期に食べたプリンの味が好きです。
    ソフトクリームも駄菓子屋さんやアイス冷蔵庫の中にある硝子を下に覗きホームランアイスを選んでソフトクリーム気分になれるアイス棒が好きだったけど、今は大人になり自分へのご褒美にそうやって、ちょっちょさんみたいに自分の好きなソフトクリームを食べて
    巡るワクワク感も素敵ですね。
    甘く苦味がある大人の愛でるもの大切にして欲しいです。
    (゜Д゜)アッ!?そうだ!
    ちょっちょ←教えたいソフトクリームありますね……機会あれば是非食べて戴き感想を伝えて戴きたいと思ってます…なんてね。
    (*^^*)>(笑)
    好きな方の演劇を見終わって大好きなソフトクリームをこれからも堪能し、美しく輝き放ちて下さい。
    あなたはあなたのままがいいと思ってます。
    過去の体験談から少しコメントさせていただきます。
    幼少期に母が内職商法から会社を立ち上げる昭和初期のまたお話しをさせて下さい。
    今日からちょっちょさんが紹介されてた、令和に幕を開けました。
    昭和初期、母の生活を維持するために考えた服飾の仕事に就いた頃の話しを少し交えながら、ちょっちょさんへの感想を伝え締めくくりたいと思います。

    1着の服が全て一人ひとりの手で仕上がって行くのをまじかで見ていた記憶の中で今だから感じることなんですけどね。
    工場生産の発注の既製品であっても、1着1着人の心が込められたと感じとれる人の姿がありました。
    大変だった姿に、慣れたら手仕事に細かい点に気を配っていて、時に同じ作業をする貧乏人のいい仕事、いい励ましの言葉、笑顔、安い単価の中でもていねいに作ることに喜びを感じているようにも今振り返ってみて理解すると見えるんです。
    ものづくりの心を教えられたと思ってます。
    今は大量生産大量消費の時代になり、その頃の基本はないですね。
    こつこつ手づくりで気に入ったものを作るか、合理的に経費を減らし大量生産で他企業と競争に加わるか、中途半端が許されたくなった時代に変わり、昔のコマーシャルに「まだ、そんなことやってるの?これの時代ですよ!」かな…母がコマーシャル見て語ってた言葉のように、時代遅れだとか一言で切り捨てられていた時代から世界が動き出したけど、やはりものづくりにこだわる人がいて、こだわり通す職人気質。
    バブル崩壊から反省から改革が始まった。
    一人が1工程から受け持つラインシステムから、一人で全行程を受け持つ改革。
    プロの技の女性工員が仕事を終えたお茶の時間に「仕事どう」の母の言葉に「楽しかったです」そう答えていた。
    あらゆる意味で、仕事を楽しめるのがプロの仕事だということを光景を今この年に振り返って出たひとつの学びです。
    楽しさ、生きがい、仕事を楽しめるのがプロの仕事だと自分は信じている。

    ブログを読んで、ちょっちょさんの仕事や人と交わる機会を垣間見える。

    ちょっちょさんは、どこでどんな人と時間空間を作っていても、また一人で夜行バスに乗っていても、今日は寄り道してお目当てのソフトクリームを食べに移っても、楽しめる力を持つことを欠かせない人。
    あなたの名をあげた、イチロー選手のようにちょっちょさんはこれからもプロフェッショナルであれ!(笑)

    素晴らしい1面の紹介ありがとう!
    いつまでも変わらずにいて下さい。
    美味しさ開拓ちょっちょさん~!!
    いつか感想文を戴ける機会を~!!!!(笑)
    ソフトクリームで乾杯できたら
    いいねなんてね。
    ヽ(*゚∀゚)ノ☆ヽ(゚∀゚*)ノ
    確かにたくさんのお金を使うには身体大変だろうね。
    だけど、無理なく堪能するために使うには幸せな時間ももてるでしょう。
    ソフトクリームや演劇や自分が求める時間なら遠回りしても無理なく行く自分ができたのなら、何かのため、守るために我慢する自分ができたのだと思い感じますが大いに自分を褒めてあげて下さい。
    そんなちょっちょさんに、いつか貢献賞をゆっくり気の向くままソフトクリームをと観賞機会を是非プレゼントしたいかな。
    追伸((φ(・д・。)ホォホォ……
    (〃゚艸゚)おっ!
    驚かせる楽しみだったんだな。
    これから狭い日本!ばったり会うこともあるからΣ(゚д゚;)はっ!とならないように、気をつけるようわたくしの歴史上に参考のためにメモして置きますぞぞい…なんてね~(笑)
    (  >дд<).;':ブェッキシュイ!!とまらなくなってきたので失礼致します。
    誤字活字あれば、悪しからず。

    「舞台を観た後に美味しいソフトクリームを食べられるとかなり上機嫌になります。」
    ( ¯꒳¯ )b✧いいですね。

    実話自分もあるんですよ。
    聞いて下さいね。
    _φ(..)……シカジカかくかくしかじか…
    上機嫌のちょっちょさんを横で微笑みながら見たあと、北島三郎さんのちょっちょさんの演技をついでに見て、そのあとソフトクリームを食べると最絶好調上機嫌になります。
    なんてね。|彡サッ! see you again~❀·°

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ちょっちょです。
    4人の子どもと4人の孫に恵まれましたが、パートナーはおりません。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん楽しんで、たくさん悩んだ波瀾万丈な人生。まだまだ面白がろうと思っています。
    私が感じていることが、どなたかの心に響けば幸せです。
    Ally(アライ)であることを表明しています。

    ※万覚帳(よろずおぼえちょう)とは、まだ余白がある帳面のことです。雑記帳、メモ帳